2017年03月03日 | | コスパの高い指輪を探すコツ はコメントを受け付けていません。

結婚指輪を探す際は、「予算」にせよ「品質」にせよ、自分たちの基準を探すことからスタートする必要があるでしょう。実際にお店に見に行く前に自分たちの基準を見つけることが、結婚指輪購入を成功させる秘訣でもあります。

それには、雑誌やインターネットを使って調べてどのようなデザインがあるかを把握していくことが必要です。下調べをしないでお店に行ってしまうと、間近で見ている内に自然と予算を上回る購入をしてしまうかもしれません。デザインはなんでもいいという状態から探し始めても、いろいろな指輪を見ている中で、最終的には「カラー」も「デザイン」もといったように気になる点が増える可能性もあります。

じっくりと下調べをしてから直接お店に行って見せてもらったり、試着したりしましょう。反対にカタログだけみて決めてしまうよりも、実際にお店にも足を運んでみるようにしましょう。なぜなら、自分に似合うカラーや形は実際にみてみた方が分かりやすい点もあるからです。さらに、指輪にはサイズもあるため、店舗に出向いて指のサイズを測ってもらいましょう。せっかく購入した指輪のサイズが合わなければそれこそお金の無駄となってしまします。これらのことをした上で、再度ネット通販で指輪を探してみると、同じデザインでも店舗より安く購入することができます。

参照リンク⇒http://gala-okachimachi.com/fair/fair_m1.html

2017年03月02日 | | 低価格で高い品質の指輪って? はコメントを受け付けていません。

結婚指輪の選ぶ際は、指輪を使う頻度も考えてみましょう。仕事中はアクセサリー類が一切つけられない、毎日でもつけていたい、など人によって状況は異なりますが、せっかくなら長く使える指輪を選びたいものです。すぐに変色してしまったり、壊れてしまったりする指輪は避け、品質の高いものを選ばなければなりません。とはいえ、予算をオーバーするような高級品を選ぶと、結婚式や新婚旅行に使える費用が少なくなってしまいます。

予算があまりとれない場合でも、品質の良い指輪を見つけることは可能です。そのためには、品質に関する知識も身に着ける必要があります。高品質とされる指輪の条件はまず、素材の丈夫さと扱いやすさです。ずっとつけるものなので、傷がつきにくい物がいいでしょう。温泉で変色してしまう素材などもあるのでそういったものを選ばないことも大切です。良質な素材を使っていても、広告費などをカットすることで低価格を実現しているところもあります。ブランドにこだわりがなければ検討してみましょう。

そのほか、サイズ調整ができる素材かどうかもポイントとして考えてみてもいいかもしれません。これから何十年も使っていくということは「指のサイズが変わることもある」わけです。また、同じ素材でも、違うデザインの指輪はたくさんあります。こだわりがある方もない方も飽きの来ないものを選んでください。デザインについては女性の方がこだわりの強いケースが多いですが、男性側の職場の雰囲気にも気をつかって決めるようにしましょう。

2017年03月01日 | | 結婚指輪の相場 はコメントを受け付けていません。

結婚指輪の相場というと、どのくらいを思い浮かべるでしょうか。婚約指輪であれば、一昔前なら給料3か月分が妥当だと言われていました。しかし、今の時代に給料3か月分の婚約指輪を用意するケースは非常にまれでしょう。現代の婚約指輪の相場は、30万円です。つまり、20代のサラリーマンであれば1ヶ月から2ヶ月程度にあたります。それでは、結婚指輪はどうでしょうか?

結婚指輪は、婚約指輪の5割から7割程度の、10万円から20万円のものを用意するカップルが多いと言われています。婚約指輪は男性から女性に贈るもので、デザインも宝石がついた華やかなものが一般的です。身につけるシーンも、パーティーなどに限定されます。それに対して結婚指輪は、2人がペアで購入するため男性もほとんど同じデザインを身につけるということと、日常的に身につけるシンプルなデザインになるということから、価格は低めになるのです。

男性が全額を負担して女性にプレゼントする婚約指輪と違い、結婚指輪の費用をどうやって支払うかはカップルによって違います。2人できっちり等分するカップルもありますし、お互いにお互いの指輪の代金を負担して贈りあうというカップルもいます。婚約指輪をプレゼントしてもらった分、女性側が多めに出すというケースもあるでしょう。結婚指輪の予算は10万円から20万円というのが平均的な数字ですが、実際には二人の経済状況、結婚費用を踏まえて予算を設定することをおすすめします。